2012年11月29日

フリーター

IMG_2913.JPG

あぁ〜。。。私たちこの先、どうなるの?
posted by himawari at 09:14| 山口 ☁| Comment(7) | 季節 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こもれび

IMG_3464.JPG

                        ・・・・ホテルの窓から眺めた別府界隈、こんな日はいいなぁ♬・・・・
posted by himawari at 08:43| 山口 ☁| Comment(3) | 季節 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月20日

城島高原

九州
別府、久住、夢の大橋、城島高原と行ってまいりました。
毎年、一回は近くにいる息子の家族たちと
ドタバタと騒がしいのですが、旅をします。


2.jpg


今は紅葉が素晴らしく、私はカメラマンに早変わりでした。
いつも見る光景とは違う世界・・・・

お泊りは、杉の井ホテルです。
温水プールでヒートアップしてました。
あいにくカメラは持ち込み禁止です。


cats.jpg





高いところが苦手の私は、カメラが遊んでくれます(^O^)

童話的な素朴な城島高原は子供も大人も楽しめます



page.jpg



主人も散歩コースを歩き回ります。
みな、それぞれメルヘンな世界を楽しんでます。


11.jpg



11月が一番好きです。
今年もあっという間に終わりますね。

拙いブログも、ときめく話題もなく恥かしい限りですが
このブログにお立ち寄りくださった皆様に感謝して
来年もスローペースで頑張ってみようかと 思っています。
新なる覚悟がいるようですが・・・・

これから雑用が多い月に入りますね
皆さんも風邪などひかれませんようにお過ごし下さい。
posted by himawari at 09:02| 山口 ☀| Comment(6) | 季節 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月13日

錦帯橋

納得行かない旅の2日目です(^O^)
九州の宮崎県から来られた方を
日本三名橋と言われる錦帯橋へご案内する事にしました。

一晩、寝食を共にしたせいか、すっかり打ち解けてました・・・

IMG_3364.JPG


岩国にある錦帯橋は
幅約200メートルの河川内に4つの橋脚を持つ5連の木造橋です。
いつ見ても、見事なアーチの橋は芸術的 !!


IMG_3395.JPG


5連の構造(中央の3連はアーチ橋)という、世界的にもたいへん 希な構造です。
以前は錦川の洪水により、幾度も流失していましたが
アーチ間の橋台を石垣で強固にしたそうです。

IMG_3363.JPG

素敵な光景に友人は大喜びです。♫〜♫
ロープウェイで岩国城にも登りました。

IMG_3381.JPG

色いろと散策した後は広島へ戻り、お好み焼きを食べました。
1200円のお好み焼きは、流石に食べきれませんでした。
本場の美味しいお好み焼きは、いいお土産話ができたと喜んでました。

最近はお店での食事中のカメラ撮影は、お客さまの手前
なんとなく控えてしまいます。


最後に、岩国市公式HPからの資料です。

キャプチャ.JPG


橋を渡れるのは武士や一部の商人だけで、一般の人が
渡れるようになるのは明治に入ってからの事
と記述されてました。

いろいろありましたが、『楽しかったです!!』と電話の声、
すべてが、楽しい旅になったようです。



posted by himawari at 10:33| 山口 ☁| Comment(3) | 旅, 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月08日

宮島へ・・

今週も宮島、厳島神社と行ってまいりました。
でも、なんとなく可笑しな旅でした・・・・
一度しかあったことがない方との旅です。

IMG_3335.jpg



九州でお会いしたことがある、お二人です。

IMG_3344.jpg

宮島口でその二人に出会うことにしました。(´Д` )

IMG_3330.jpg



少しは緊張したものの帰りはすっかり、笑顔に・・・
不思議な旅でした。


IMG_3340.jpg

色んな事がありますが、苦痛と感じた途端に、その重荷は数倍になりますが
こんな時は、何とかなるさァ・・・と切り替える私
なんとかいい旅ができました。
  
錦帯橋は後日UPさせますね

ラベル:不思議な旅 宮島
posted by himawari at 14:30| 山口 ☁| Comment(6) | 旅, 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。